かばっぺの気ままなひとりごと

自由、気ままに、日々のことを書き連ねます!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 旅行
CATEGORY ≫ 旅行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

夏の青森旅行 その①

こんにちは、かばっぺです。

今回から三回に渡って かばっぺ一家の青森旅行についてレポートしようと思います

出発一週間前 ファミリーカーの後部の窓を大破させるというアクシデントが起こり、
出発数時間前に修理工場から戻ってきた我が家の愛車
それまでは ちゃんと直って戻ってくるのかやきもきし通しでしたよ

何はともあれ 無事 車も修理され(新しいリアガラスが付けられ)ピカピカになってました 
良かった良かった


さて、8月7日 午前0時半に自宅を出発
一路 青森目指して北上しました。

かば男クン、6日は普通に仕事をして帰ってきて、数時間の仮眠の後の運転
最初からあまり無理は出来ません。
ほんの少しですが 交代して かばっぺもハンドルを握りました
とはいえ ほとんどかば男クンが運転してくれたのですがね(笑)
(途中 「greengoatさん!ご実家近くに来てるよ~」って心の中で叫んでましたよ~

早朝5時台でも 途中のパーキングは混んでいて、
所々のでは すでにガードマンさんが誘導してる姿がみられました

青森旅行

東北自動車道の小阪ICで降り 一般道へと入りました。
その道すがら 「道の駅こさか」でちょっと休憩
道の駅から道を渡って行くと そこには日本の滝百選に選ばれてる「七滝」がありました

青森旅行2

滝の周りは マイナスオーラがあるし、水しぶきなどで 気温がぐっと低め
長時間ドライブで疲れた体が少し癒されました

で、最初に目指した場所は  十和田湖
青森旅行3   青森旅行4

山道を下っていき 十和田湖畔に到着です。この時で 午前10時頃。
十和田湖は 日本の湖沼では12番目の大きさだそうで、カルデラ湖として有名なんですね

湖畔の駐車場にを停め、乙女の像の場所まで散策
青森旅行5

湖畔は 水戸黄門の撮影に使われそうなほどの自然豊かな場所!
(茨城県民として なんだか急にそう感じたんですよ(笑)
 とにかく山も湖も人の手がほとんど加えられてない キレイなままの自然が残っています

湖の周りを歩くだけではなんだからってんで、急遽 遊覧船に乗ることに
青森旅行6   青森旅行7

船から見る十和田湖はまた格別!! 十和田湖ってこんなに広いんだ~~!!
陸から眺めるより 船から眺めた時の方が 十和田湖の広さを感じました

その十和田湖の水が流れ出して 川となり滝を作っているのが 奥入瀬渓流
この渓流沿いに いくつかのキレイな滝や流れを見ることが出来ました
青森旅行8 ←銚子大滝

青森旅行9 ←キレイな流れが続いてます。

奥入瀬渓流でも 水のマイナスイオンがたくさんあり 気持ち良い~~
川の流れ・滝の水しぶき それらの音を聞いてると これまた心地よい


その後 山間部から離れ 八戸方面に向かいました
やってきたのは  種差海岸 
(ここは 国の名勝に指定されてるそうです
青森旅行10

粗い岩があり、その横には青々とした緑(芝)があり、このコントラストが魅力的
夕方近くに行ったので あまりゆっくり見れませんでしたが、
この先は 広~い太平洋なのですねぇ!(不思議です。)

そして、我々は 今夜のお宿がある 三沢市へと移動しました
ホテルにチェックイン後 夕飯を取るため 街中へ
この夜は 家族揃って行くのは初めてかも(?)しれない 居酒屋さんで夕飯
(家族で外食って 大概 廻るお寿司・ファミレスやファストフードなど
 だもんで こんな大人なお店に家族で入るのは 初体験
青森旅行11 ←カンパーイ

そして、夫婦酔っ払いながら 美味しい料理を頂きました。
夜 ぐっすり眠れたことは 言うまでもありません(笑)

で、翌日の話は その②に続く




にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 ← ランキングに参加しました。ポチっとして下さればブログの励みになります♪

春休みの帰省 番外(餃子の王将編)

こんばんは、かばっぺです。

これは、帰省記事の番外編!
かばっぺの大好きな  「京都 餃子の王将」
(注:大阪王将とは違うんですよ!)

関西地方には、あちこちにある「京都 餃子の王将」
茨城県には、一軒もありません。
自宅から一時間以上走らないと辿り着けない現状

兵庫に帰省したからには、思う存分食べてやる
そんな気持ちがムクムク湧き上がったのでした(笑)

何度「王将」に行ったことでしょう
行った順番で、店舗と味のご紹介!(私の備忘録ってことで、お許しを
もちろん、料理は 『天津飯』
関西風味の、甘み控えめの味が 大好き


加古郡 播磨町店
王将1   王将2

主人の実家に帰った時は必ずいくお店。
慣れたお味で、ニンマリ
程よい味のあん、あんの色もこれ位が好き。
もう少しパンチがあればパーフェクト!


姫路市 中地店
王将3   王将4
 
ここの天津飯は、私の中で 「キング・オブ・天津飯
(それほど食べ歩いてはないんですがね
二年前に初めて食べて以来、帰省する度に食べに行ってます
オイスターやごま油の量やその他の分量が絶妙
あんの色合いもサイコー!
秘伝のあんのレシピを教えてもらいたいくらい
全てがパーフェクトです


神戸市 鈴蘭台店
王将5   王将6

こちら、学生時代に利用していたお店(初めて天津飯を食べたお店)が、今の場所に移転したようです。
昔 食べていた頃の味と 変わってました
あの頃「美味しい!」と思ってたんだけど・・・
甘みが強すぎで、あんの色も濃いすぎ


加東市 滝野社店
店舗で食べず、私の実家にお持ち帰り。
残念ながら、写真を撮り忘れ(くやしい~~
こちらも、帰省の度に利用しているお店。
変わらない味で、幸せ~
欲を言えば、もう少し 味を濃くして欲しいなぁ



滋賀県 彦根店
王将7   王将8

偶然通りかかって、家族全員一致で入店を決定したお店。
あんの色が濃いので、味は期待してなかったのだけど、
案外 美味しかった
ちょっと甘みがあったけど、満足いくお味でした


こうしてみてみると、王将に行き過ぎやん。
こうまでして、行ってしまう私は・・・

関西でしか食べられない味。
関東にある 甘酢味や塩味 とは、全く違う味。それが関西限定 天津飯。

熱く 「天津飯」について語ってしまった 今回の記事なのでした

独りよがりなこの記事を 最後まで お読み頂き ありがとうございます

春休みの帰省 パート8(復路編)

こんばんは、かばっぺです。

いよいよ大詰め、茨城への帰り道の時のお話(やっとかい!!)

主人の実家では、お義母さんにとてもよくしてもらい、
子かば達はお義母さんとほとんどずっと寝食共に過ごしていたし、
とても楽しく過ごせました!

私の実家でも、両親の笑顔が絶えず、普段なかなか会えない分、元気そうな顔を見ることが出来、
娘の私としては、一安心でした
弟①が大阪から駆けつけ、弟②も家族揃って、かばっぺのファミリーが集うことができ、
これまた素晴らしい時間を過ごせました

地元の友達とも、久しぶりに会え、気の置けない友とのお喋りを思う存分楽しめました

楽しかった帰省も終わり、さてと、茨城に帰りましょう!!

復路←かばっぺの地元の またねぇ~~


中国自動車道から名神高速を通り、東名へと走り抜けます

復路2←ちょうど万博公園で桜まつり開催中

復路3←岡本太郎さんの「太陽の塔」


途中、愛鷹パーキングエリアであるものを、かば男クンが購入

復路4 復路5

いろんな種類のラムネがある中から、「カレーラムネ」を選んだかば男クン
ストレートなカレーのお味(笑)
勇気ある人は、一度ご賞味あれ


またまた、途中 海老名SAでもスナックフードを購入

復路6

首都高に入る直前、かば男クンが 「スカイツリーを見よう!!」と提案
夜の暗い中を、車の窓から、必死になって探してみました

復路7←遠近法により、かなり高さが違って見えてます

「見えたぁ~~

今度は、もっと近場で見てみたいなぁと思います。
それにしても、大きいなぁ~。さすがスカイツリー


こうして、長い春休みの帰省が終わったのでした。
自宅に着いたのは、深夜12時前
長時間の運転、かば男クンお疲れ様でした

春休みの帰省 パート7(ひこにゃん編)

こんばんは、かばっぺです。

帰省の記事、あらまぁ~パート7になってしまいました

これまでで一番テンションが上がった出来事、彦根城に行った時のことです

兵庫での時間もあっという間に過ぎ、実家を後にし、茨城へ向って出発したのが4月3日
その道中、名神自動車道 彦根インターを降りて、一路 彦根城へGO!!

彦根城

まえまえから『ひこにゃん』については、かばっぺ家族で話題に上がることが多く、
ことに かば太と私かばっぺがひこにゃんに夢中なの

以前、ひこにゃんグッズを高速道路のサービスエリアで見つけ、
キーホルダーとシャープペンをゲットし、大事に大事に使っていたくらいです

やはり、生の 動く ひこにゃんが見たい!!!

その気持ちに押され、帰省のついでに、彦根城を訪れた次第です

ひこにゃん←街中にこんな看板が!気分上がってきます


世の中、桜の開花宣言・満開間近といったニュースが飛び交っていたので、
彦根城も きっと桜が綺麗だろうなぁ~って期待して行ったのですが、
まだまだ蕾の状態でした・・・ 満開だと素晴らしい景色なんだろうなぁ~~。

ひこにゃん5

土曜日、桜が気になる時期、さすがに人が沢山でした
天守閣に入るために、列が出来ているくらい・・・
天守閣の中の階段は、最大傾斜62度 かなり急な階段を注意しながら登ります。

最上階から彦根市内や琵琶湖が望めました

下に下りてからは、いよいよお待ちかねひこにゃんショー

ひこにゃん2


ここからはひこにゃんをお楽しみ下さい

ひこにゃん6   ひこにゃん7

ひこにゃん8   ひこにゃん10

ひこにゃん9

なんてかわゆいんでしょうか
ジャンプした!(お~~) 振り向いた!(かわい~~) いじけてる(笑)!(でもかわいいなぁ)
写真を撮りながら、黄色い声を(年甲斐もなく)あげていたかばっぺなのでした

春休みの帰省 パート6(関西北部編)

こんにちは、かばっぺです。

まだ続くのかぁ~~って感じですが、もう少しお付き合いのほどを

今回は、帰省の後半ダイジェスト版です(笑)

その前に、
かばっぺ家族は、茨城に来る 前の前に 京都にある舞鶴市に1年間だけ住んでいました
その時は、転勤族の方々と仲良くしてもらってました。

舞鶴を越してから、もう7年ほどになるので、その頃仲良くしてくれた友達は、
皆、また違う場所へと 引っ越して行っちゃいました・・・

かばっぺ家族は、舞鶴を越してから、今まで舞鶴に遊びに行ってなかったのですが、
当時の記憶がほとんどないかば太が、「舞鶴に行ってみたい!!」と言い出しまして・・・

知り合いもほとんど残っていない 舞鶴 に行ってみることになったんです
私の実家から、片道2時間半以上!! 遠~~い!!


舞鶴 ←赤レンガ倉庫群の一部

舞鶴市には、海上自衛隊の基地があり、大正時代に海軍が建設した多くの建設物が現存し、
その中に、赤レンガで出来たエキゾチックな倉庫群あるんです。

住んでる時は、気にも留めてなかったけど、改めて見ると、風情あるなぁ


そして、湾には、艦艇を見ることが出来ました。

舞鶴2 ←桜と共にハイポーズ

往復の道のりに時間がかかり、舞鶴市を車でウロウロするしか出来なかったけど、
住んでた頃に戻ったようで、ミニタイムトリップを楽しめました

あの頃の街が、そのまんま残っていて、懐かしかったなぁ


で、次の日は、子かば達を ホイホイと実母に託し、
かばっぺ夫婦は、神戸三田プレミアムアウトレットに向ったのでした

三田2


2007年7月にオープンした このアウトレット、
帰省する度に、行きたいなぁと思いつつ、一度も行けてなかった場所

三田

平日の午前ってこともあり、人出は少なめ。駐車場もラクに停められました
それが・・・ 時間が経つにつれ 人出は増え、通りは 人・人・人

今まで行ったアウトレットの中で、一番 店舗数が多く、敷地が広かった!!
帰省で めちゃくちゃ散財しているので、ここで無駄遣いは出来ないなぁ
ほぼ ウインドゥショッピング
ル・クルーゼをみて、ティファールを見て、たち吉も見て。
アパレル関係もそこそこ見て廻って・・・

アダバットってお店で、かば男クンのゴルフウエアーを購入
(最近、かば男クン、ゴルフに夢中
ちゃんとしたゴルフウエアーを持ってなかったので
格好だけでもきちんとしていないと、なんだか可哀相だし・・・ (スコアーは・・・内緒(笑))

かなり歩き回ってへとへとになったのでした
次回は、たんまりお小遣い(?)持って、挑みたいと思いました

春休みの帰省 パート5(六甲山編)

こんにちは、かばっぺです。

今回は、回を重ねること第5弾!!

主人の地元を後にして、次はかばっぺの実家に行ってからのお話です


この日は、私の父の仕事が休みだったので、
私の両親とかばっぺ家族4人 計6人でドライブ

実家から1時間ほど走ったところにある、 六甲山フィールドアスレチック に行ってきました

六甲


春だというのに、この日の前日、六甲山は雪が降ったんだとか・・・
この日もとても寒く、あったかい飲み物を自販機で購入するほどでした

六甲2


両親は、やはり、アスレチックを出来ず、
寒空の中、我々がアスレチックをしているのを、じっと待っていてくれました

なんだか申し訳ないことしちゃったなぁ~

六甲3  六甲5


アスレチックは、かなり充実していて、じんわり汗をかくほど 体を動かしましたよ


せっかく六甲に来たからには、六甲山からの景色を見ようじゃないかってことで、
展望台へも行ってみました

六甲6



神戸港から大阪港まで一望でき、素晴らしい眺め
(夜はよるで、素敵な夜景が見れるのですがね!
(関西の人だと、誰もが一度は夜景を見に来てるんじゃないかなぁ~~ あ~懐かしい

六甲7


ずっと見ていたい気持ちがあったけど、風が冷たい
寒さに負けて、車に乗り込んだのでありました

春休みの帰省 パート4(神戸~西宮)

こんにちは、かばっぺです。

今回は、帰省第4弾!

この日は、お義母さんの仕事が休みなので(お義兄さんはこの日も仕事 残念)、
揃って5人でお出かけすることに

最初に行ったのは、神戸市長田区。 ここにある 『鉄人28号』の像

鉄人28  鉄人2

鉄人3  鉄人4

写真サイズがいびつだけどご愛嬌(笑)
鉄人28号の大きさにビックリ
鉄人の足元にいる子かば達が小さく見えますねぇ

それから 長田区を後にして、一路 東に向います
神戸の市街地 旧居留地を通りすぎました。
鉄人5 ←商船三井ビル(大正11年築)


で、やってきたのは、 ららぽーと甲子園

甲子園  甲子園3

西宮には 大型ショッピングセンターが沢山あり、
ここ ららぽーとは以前から異ってみたいと思っていたお店
さすがに広い!! ウロウロするだけで、バテ気味に

キッザニア甲子園も隣接していて、春休み中のちびっ子達も沢山

子かば達は、お義母さんに、いろいろ買ってもらい、満面の笑み
私も、ウインドーショッピングを楽しめて、まずまずかしら

ちょうど、春のセンバツ甲子園が開催されていて、
ららぽーとの近くにある甲子園近くは人でいっぱい

甲子園5

応戦する人達を乗せた大型バスが走っていました
余談ですが、沖縄の興南高校が初優勝しましたねぇ おめでとう


で、買い物を楽しんだ日のこの日の夕飯は、かつめし

かつめし2  かつめし

このかつめし、加古川市の名物らしく、
日テレ系『秘密のケンミンショー』でも取り上げられてたそうで、
子かば達が 絶対食べたいと言っていた物

ご飯の上にカツを乗せ、そこにデミグラスソースをかけて、お箸で頂くんです
お店によって、ソースの味が違うらしく、食べ歩きを楽しむ人がいるんだとか・・・


ボリュームたっぷりの夕飯、ご馳走様でした

春休みの帰省 パート3(播州編)

こんにちは、かばっぺです。

今回は、帰省3日目のようすです。

この日、子かば達は 自営業のお義母さんと一緒に過ごすというので、
大喜びで 泣く泣く(笑) 子かば達をお義母さんに託し、
我々 かばっぺ夫婦は 自由気ままなドライブに出掛けたのでした

まずは、姫路にGO!!

まだ少し早いけど 桜の花を見れるかなって期待しながら、
姫路市の市街地にある 手柄山中央公園  に行ってみました

姫路2


やっぱりまだ早かった・・・ つぼみの木が沢山
ここはちょっと小高い丘のようになっているので、遠くに姫路城を見ることが出来ました

姫路

(姫路城 → 4月12日から改修工事がスタートし、天守内部は見れなくなったそうです
 平成23年1月末まで、入城不可だとか

この後、雨がピリピリ降り出したので 公園を後にしました。


姫路は雨が降っていたのに、次に向った明石は 全く雨が降ってなく 不思議だなぁ


次の目的地は、 明石 魚の棚 

魚の棚

ここは、明石海峡や播磨灘一帯で獲れた新鮮な魚介類を売っている 地元で有名な商店街
かば男クンの会社へのお土産を探すためやってきました。

ついでに、魚の棚からタコフェリー乗り場に向う道にある 「きむらや」さんで明石焼きを食べちゃいました

魚の棚2 魚の棚3

普通のたこ焼きとは違っていて、卵たっぷりの生地を 関西風味のお出汁に付けて頂きます
個人的に、ソースたっぷりのたこ焼きより、ダシに付けて食べる明石焼きの方が好き

二日に渡って、たこ焼き&明石焼きを食べられ、贅沢やなぁ~~

この日、子かば達は お義母さんと夕飯は外食
廻るお寿司を食べたそうな
あ~~ 一緒に食べに行きたかった! 寿司食べたかったぁ!!
(オイオイ、そんなことかいな 食べ物に卑しいかばっぺなのでした(笑))

春休みの帰省 パート2(大阪編)

こんにちは、かばっぺです。

今回は、かば男クンの地元に着いて2日目の様子です。

この日、かば男クンは地元の友人とゴルフをするため早朝5時過ぎに出掛けていったらしい
(もちろん私はぐっすり眠ってましたよ
7時半ラウンドスタートなんですって!!(かなりの気合の入れようです(笑))

お義母さんやお義兄さんは仕事のため、子かば達と私は 何して過ごそうか・・・
帰省する前に、いろいろ関西について調べてたので、
その中から、子かば達の行きたいところに出掛けることにしました

電車に乗って1時間半ほどで、着いたところは・・・
海遊館
海遊館

ここは、大阪の天保山にある 世界最大級の水族館
水族館にありがちな イルカのショーなどは無いんだけど、
建物中央に 巨大な水槽があり、その周りを歩きながら、
上階から下階へと、グルグル周りながら、魚達を見るって仕組み。

この日は、春休みに入って最初の週末とあって、人が多い!!
チケット売り場の前で、入場制限がかけられ、すぐには入れなかったの

どこに行っても人・人・人
人の頭を見に来たんちゃうのに!!と少しイライラモード
まぁ、でも、ここは水族館
熱帯魚たちに 癒され、まもなく クールダウン

水族館なのに 小動物がいたり・・・
海遊館3 海遊館4
   ↑   カワウソ                ↑   カピバラ

東海地方で馴染みがある メリオット体操の スナメリ君がいたり・・・
海遊館5←泳ぐスピードが早い!写真撮影がめちゃ大変

一通り見れたし、ひとまず満足満足

天保山には、その他にいろんな施設があり、大きな観覧車もあるんだなぁ~ これが。
海遊館2
この日は、安全運転のため稼動しておらず
(助かったわぁ! 動いてたら、絶対に子かば達が「乗りたい」ってせがんでたはず

そして、次の目的地へ移動
子かば達がどうしても見たいという グリコの看板を目指し、
やってきたのは  心斎橋筋戎橋

海遊館10←通称『ナンパ橋』にて念願のグリコ発見

その他、有名な かに道楽 や つぼらや も発見

海遊館7  海遊館9

で、大阪といえば 「粉もん」
かば子のたっての希望 たこ焼きを食べることに!

海遊館11  海遊館12

やっぱり 本場の味は おいしいなぁ


余談ではありますが、この春 オープンした 大阪の H&M
興味本位で覘いてみようかと思いきや・・・
長蛇の列
海遊館13

泣く泣く 諦めました いつかは行ってみたいゾ H&M


で、存分に楽しんだ後は、お義母さん達にお土産として 551の豚マンを購入!
関西地区では 人気の豚マン(一部の人を除く・・・)

悲しいかな ニンニクの臭いが強烈なんよねぇ
その臭いのため、 一部の方々は かなり反感を持って 行動に移すことがあるんよ(悲しい)
地下鉄の駅構内で おばちゃんに「臭いなぁ~~~~~~」と言われ
電車の中では 視線を感じ振り向くと 若い女の子が 嫌な顔して鼻つまんだ姿でにらんでくるし

肩身の狭い思いをしながら、家路に着いたのでした トホホ

春休みの帰省(往路編)

こんにちは、かばっぺです。

3月下旬から4月上旬にかけてかばっぺ一家は、かばっぺ夫婦の地元 兵庫に帰省していました。
その時の模様を、数回に分けて、ご報告させて下さいね♪

そもそも、春休みに帰省??になったのは、
かば子が中学生になると、ゆっくり家族揃って帰省が出来なくなるだろうってことで、
その前に、夫婦それぞれの実家に行こうということになったんです。

かば男クンの運転で出発とあいなったのでした

早朝5時過ぎに自宅を出発

東関東自動車道から首都高湾岸線に向かい、保土ヶ谷バイパイスを抜けて、東名高速へ!
途中の目的地①である 海老名PA にまずは到着

かば子の希望 『ぽるとがる』というメロンパンのお店にGO
メロンパン

メロンパン3  メロンパン2

早朝6時から営業しているそうで、到着した時には、商品が全て並んでました(驚)
かば子は、塩キャラメルメロンパン。かばっぺは、名物メロンパン。
かば男とかば太は、プレミアムメロンパン260円を購入
(プレミアムメロンパンは、とても大きく、中に生クリームがたっぷり♪
 とってもおいし~~い 人気があるのも納得でした)


朝食を食べながら、出発!

途中トイレ休憩を挟みながら、快適ドライブ
この日は、天気が悪く、高速から富士山を見ることが出来ませんでした 残念

途中、浜名湖の湖畔のは桜がちらほら
この時期にしては、早めの開花。
まだ茨城の方は、「全く」 の状態でしたから・・・

東名豊田から伊勢湾岸自動車道へと分岐します!!


そして次なる目的地②の 湾岸長島パーキングエリアに到着。
こちら、かば太の希望の場所
高速道路のパーキングに、なんと無料の「足湯」があるんですねぇ~
足湯

愛知に住んでいた頃、帰省の度に、ここに立ち寄り、
足元をポカポカに温めてから、帰っていました(笑)

足湯2

3月下旬でもまだ風が冷たく、足湯に浸かって、体がポッカポカ
とても気持ち良くなりましたよ。


まだゴールは先。 兵庫にむけて出発進行
伊勢湾岸から新名神を通り、草津ジャンクションから名神へ。

途中、お腹が空いて、遅めの昼食をとる為、大津サービスエリアで休憩。
大津P
↑ 遠くに見える湖は、琵琶湖なんですよ

いよいよ関西エリアに入ってきました。 あともう少し。
渋滞の名所と昔は言われていた 天王山トンネルも、この日はスイスイ

名神から阪神高速を通り、目指すは 第二神明の玉津インター
そこから下道で走ると、そこはかば男クンの育った地元

子かば達やかばっぺにとっては、昨年夏以来、
かば男クンにいたっては、昨年正月以来のご無沙汰の帰省なのでした。
到着は、午後3時 10時間に渡るロングドライブ。
かば男クン、運転お疲れ様でした

久々の関西 思う存分 満喫したのは言うまでもありません

それについては、また続きにて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。