かばっぺの気ままなひとりごと

自由、気ままに、日々のことを書き連ねます!
2012年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年12月
ARCHIVE ≫ 2012年12月
      

≪ 前月 |  2012年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

宮城旅行:街の様子

宮城旅行で、心に留めておかなければならないと思ったこと。
それが、海に面した街の今の様子です。

地震が起きてから、二度目の年越しを目前にして、
今なお、津波に飲み込まれた街は 復興半ばの状態でした。


まち1
 最上階だけベランダのパネルが残っています。その高さまで津波が来たのでしょうか・・・


まち3
 南三陸町の様子。
 遠くからみたので、確認できませんでしたが、多分 防災対策省庁だと思います。
 心が痛いです。


まち4
 がれきなどは片付いてますが、平地のままです。


まち5
 建物は壊され、ショベルカーで、こまかく処理されています。
 でもやはり、平地の状態です。


まち2
 被災地の方々の気持ちが表現されています。



私自身、表現力がなく、どう伝えたらいいのか・・・

今まで いつもの場所で、いつもの家族・仲間と あったかい建物の中で 年の瀬を迎えていた方々。
二度目の年の瀬を迎えても、今なお 厳しい現状で年の瀬をすごさなくてくはいけない人々。



津波で壊れてしまった建物などが片付けられていても、
そのあとの復興までの道のりがかなり大変であろうと感じられました。


これからもずっと忘れちゃいけない。

そして、少しずつでも前進あるのみで頑張っておられる被災地の方々の力強さ。
そんな強さを 見習わなくちゃいけないな~と思いました。


スポンサーサイト

宮城旅行:宿

今回の旅行で宿泊したのは  宮城蔵王ロイヤルホテル でした

遠刈田温泉の中の一つ。

温泉街から少し離れたところにあるのですが、とっても大きなホテルでした。

ロイヤル1

露天風呂が男女別々にあり、ちょうど宿泊した夜に雪がちらちら降っていたので
とても情緒ある露天風呂を満喫出来ました


かばっぺ一家が申し込んだプランでは、夕飯が 中華料理 だったのです。
これまた普段 食べたことのないような 高級感漂うお料理をいただくことが出来ました。
(いったい 毎日どんなんたべてんねん??って思われるかしら~~(笑))

ホテル6

ホテル9
 
ホテル5  ホテル3

ホテル2  ホテル7


前菜の黒酢ジュレのおいいしこと美味しいこと♪
家で ジュレを使ったことないので、かば男くん達は「ジュレって何??」って興味津々(笑)

ふかひれのスープ、めったに飲めません!豪華だこと!!

で、デザートの前に グラスが出てきて、
何か 粒のようなものを入れてから お湯を注いでくれました。
「なんだろうな~??」と思っていると、

「ジャスミンティーです ジャスミンの粒が開いたらお飲みください」と説明が。

そんなオサレな飲み方、初めてでした
ちょっと味は薄めでしたが、とても美味しゅうございました

一品ずつお料理が運ばれてきたので、時間をかけゆっくりお食事し、
とてもお腹がいっぱいになりました。

旅の疲れもあり、その夜は早々に就寝


翌朝の朝食は、バイキング形式
大食いのかばっぺ一家、もちろん心ゆくまで朝食をいただいたのでした


宿泊した週末は、夜 ロビーで演奏会も開催されていて、
ゆったりした気分になれました

宮城蔵王ロイヤルホテルさん、お世話になりました


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。