かばっぺの気ままなひとりごと

自由、気ままに、日々のことを書き連ねます!
2011年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年10月
ARCHIVE ≫ 2011年10月
      

≪ 前月 |  2011年10月  | 翌月 ≫

夏の思い出その5(住金工場見学)

こんにちは、かばっぺです。

夏の思い出、やっとラストです

8月25日に 初めて 住友金属工場見学 に行ってきました
友達から 夏に製鉄所の工業見学はツライよって聞いてたんだけど、
怖いもの見たさ(笑)から、かば太と共に参加したんです。

かば太の通う小学校では毎年5年生達が ここ住金の工場見学に行くのですが、
今年は 地震の影響もあり、行かないかもしれないって聞いてたし、
だったら 夏の見学会を逃す手はないしね

住金



真夏のさなか、長袖長ズボン・動きやすい靴着用で参加することが条件

製鉄所の中で、火の粉が飛んでくるのかな?? なんて悠長なことを考えながら(←ホント能天気でしょ(笑))


ここ 住友金属鹿島製鉄所は 1968年に開設され、現在3基の高路があるんです。


見学会では、製鉄所の概要について説明を聞き、
バスで 製鉄所内を グルリと見学

日によっては、高炉を近くから見学できるそうなんだけど、
この日は 工程の都合上 遠くからの見学

でもね! 出来立てホヤホヤの鋼(はがね)を見ることが出来ました
とっても綺麗な綺麗な赤~い鋼。


で、この日徒歩で見学させていただいたのは 熱間圧延工場
真っ赤に加熱した高温の鋼の塊を細長く延ばしていく工程を実際に見たんです。

最初 鋼は1500度ほどだったものが、だんだん温度が下がり、
一番間近で見てたときで 1000度ほど

工場内の暑いこと暑いこと!!
立ってるだけで じゃんじゃか汗が流れ出てくる出てくる
安全のためにヘルメットとゴーグルを着用してるため、
頭は蒸れるし ゴーグルは汗と灼熱地獄のため曇るくもる・・・
(ツライってのはこういうことだったのね


この中で作業されている作業員の方は 毎日こうような状態で働かれてるんですね
頭が下がる思いになりました。


広い敷地内の 大きな大きな工場で 大勢の方々の働きにより、
様々な世界中の建物・自動車・ありとあらゆる鉄製品の元となる 鉄が 作られて行くんですね~~


日常生活の中では 見ることができない・気づくことのない 鉄の誕生を見れました
鹿島製鉄所さま、ありがとうございました


そうそう、製鉄所の中での合い言葉があるそうで・・・
     「ご安全に!!

作業は常に危険と紙一重。
お互いを思いやり、作業員同士で 挨拶変わりに声かけされるそうです。

作業員の皆様、ご安全に!!