かばっぺの気ままなひとりごと

自由、気ままに、日々のことを書き連ねます!
2011年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年03月
ARCHIVE ≫ 2011年03月
      

≪ 前月 |  2011年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

福島県在住の方の日記より

さまざまなブログを読んでいて、賛同し考えさせられた内容の記事がありました。

なので、こちらに 転載させていただきました。

以下 ある方が転記されていたものです。
福島在住の方の書かれた内容です。
(転記の転載になりますが・・・)





風評被害(転載・拡散してください)

東京電力福島第一・第二原子力発電所。福島県の浜通りに位置しています。

東北電力ではないことに注目してください。


一切地元ではこの発電所で作られた電気は利用されていません。
首都圏の電気の3分の1は福島県で作られている現実をもっと報道してください。

計画停電が首都圏で実施されていて、文句を言っていたり
「被災地に電気を送るためだから我慢します」
と言っているインタビューを良く見受けますが、
何見当違いの事を言っているのですか?


東京電力が計画停電を行っているのは、首都圏の消費電力より供給電力が下回りそうだから
突然停電を避けるために予め時間と区域を決めて停電を行っているのです。


首都圏で節電してこちらに電気が送られるなら、
何故東北電力まで計画停電を行わなければならないのでしょう?
自分のところの電気が足りなくなっているから自分らが我慢しているだけ、なんです。

この重要な2点をマスコミは何故報道しないのですか?

首都圏の人のために建設された発電所のために地元がこれだけ苦しんでいる現実を、
何故広めようとしないのですか?

しかし、冷静になって考えてみると、
地元にも雇用や補助金で還元されてきた面はあり、その点は感謝します。

でも、マスコミは「福島は危険」「放射線は身体に悪影響」
しか報道されていない節があります。
後付で「このレベルでは身体に害はありません」と言うだけ。
パニックを抑えるなら言う順序が逆では?

「放射線の数値が通常より若干高い値を示していますが、
体に影響のある数値ではありません。各地の数値は~」
と言うのが報道の仕事ではないのでしょうか?
はじめに断っておきます。

首都圏の方々を敵視しているわけでも、悪いと糾弾するつもりも毛頭ありません。
でも、あまりにも酷すぎる。
首都圏で「放射線が怖いからカッパを買いました」「マスクを買いました」
「とろろ昆布を買いだめしました」と言っている方がTVに映っていました。
放射線が怖い?何キロ離れてるの?じゃぁ私達福島県民はどうしたらいいの?
あなたがたが今まで40年利用してきた電気を作っていた発電所を作ったために
こういったことが起こったって事はご存知なんですか?
いつでも逃げられるようにガソリンを買いだめ?

私達福島県民は逃げたくても逃げられないんです。
首都圏の方々のせいとは言いませんが、ガソリンがないため逃げられないんです。
もっと言えば、ガソリンや軽油がないので救急車もバスも、
救援物資を運んだトラックも動かない。
灯油がないから暖もとれない。
仮に救援物資を運んだトラックが近くまできても
「放射線が~」で引き返している現状です。
それが現状です。


現在観測されている放射線数値は人体に全く問題のない数値です。
X線やレントゲン、温泉の方がよっぽど高い数値を示しています。


仮にこのまま何もなかった、普通の生活に戻った、としましょう。
今度は風評被害が間違いなく起こります。

福島県産の野菜はとても美味しいです。 今度は風評被害が間違いなく起こります。
福島県出身です。っていうだけで「放射線は大丈夫?」って思わないでください
福島県産のお米もとても美味しいです。
お肉も、魚も、みんなが頑張って作ったりとったりしたものです。
でも、福島県産、ってだけで毛嫌いしないでください。

他の自治体や国はしっかりこの点も含めて
被災地の復興をバックアップしていただきたいと思います。
復興には人の力がどうしても必要です。
一日でも早く復興するためには皆さんの力が必要なんです。
物資の援助もお願いしたいですが、このことも是非頭に入れておいてください。
お願いします。 」


以上 福島県在住の方の日記より転記






今なお 寒さに震え 食料・水が無く 飢餓状態で苦しんでいる人々が いらっしゃいます。
全国各地で 買い占めについて報道されていますが、一呼吸おいて下さい。
ちょっとの譲り合いで、被災地の多くの方々の支援へとつながります。

原発の被害拡大を防ぐための努力を見守りましょう。

ぜひぜひ、被災地の方々のためにできることを考えていきましょう。
スポンサーサイト

地震10日目

こんにちは、かばっぺです。

TVや新聞で報道されている様子をみていて、
東北地方の方々の今現在の様子がとても心配です。
少しでも早く 食料・ガソリン・灯油が届きますよう願っています。
寒さの中 忍耐強く避難されている方々に 暖かい手が一刻も早く届きますように。



地震が発生した当日 鹿行地域のかばっぺは外出していました。
ファミレスでオーダーを済ませ、テーブルで一息ついてるときに、
突然横揺れの地震が始まりました。
横揺れが長く続きましたが、それが本震だと思って、少しは落ち着いてたのです。
が、そのうち、大きな揺れに変わっていき、慌ててテーブルの下に隠れました。

揺れは長く続きました。
地震がおさまった後も、船酔いのような感覚に陥り、体がずっとゆれている感じでした。
(阪神淡路大震災の時は、地鳴りから始まり、立て揺れの地震だったので、
 今回は 違うタイプの地震なのですね。
 当時、かばっぺは大阪南部で地震にあいました。)

料理がテーブルに届いてなかったことを店員さんに報告し、
お勘定はしなくてよいことを確認したうえで、店の外に出ました。
(店内は停電していました。大勢いたお客さんは地震の最中に店の外に逃げ居ていました。
 お会計を済ませてないお客さんのちらほらいた模様・・・)

店の駐車場でさえ あちこち隆起していて、店の外装(ブロック塀)も少し崩れてました。

かばっぺは、自転車で出掛けていたため、慌てて自転車に乗り、自宅に戻っていったのですが、
大通りにある信号機で、1箇所 信号の電気が切れていました。

遠くにある 住友金属の工場は大きな煙を上げているのが見えたり、
鹿島工場地帯にある火力発電の煙突からは 濛々と炎が上がっているし、
異様な景色が見えました。

かば男クンとも最初は連絡がとれず、安否が気になって、かなりパニックになりました。
なんとかメールで「無事だ」と確認できました。
携帯の通話よりメールの方が つながりやすかったです。

子かば達をそれぞれ学校まで迎えに行き、当日夜遅くまでは 小学校の体育館に避難してました。

夜は 自宅で眠り、翌日も 小学校の体育館に避難。
(かばっぺは 途中 体調悪化で自宅で休養でしたが・・・)

3日目からは昼間も自宅で過ごしてました。

14日の初めての計画停電、夕方5時半から6時半のあいだ、我が家は停電してました。
一部の地域って聞いていたので、まさか・・・とは思っていたけれど・・・


地震から10日たった今でも、かばっぺの住んでいる市では全域で断水しています。
ただ、よかったことは、この地域は地下水が出るようで、
お家によって、地下水を使って生活できるようです。
中には、無償で 水を汲ませて下さるお宅もあり、地域の人たちは 使わせてもらってます。
近所の郵便局も、地下水を無償提供していました。

スーパーも通常開店しているお店が多く、節電のために夕方6時閉店となったりしてます。
商品も搬入されており、パン・牛乳・納豆なども売られてます(数に限りがありますが・・・)

ガソリン給油のために 長い行列ができていますが、
近くの鹿島石油が稼動し始めたので、徐々に足りてくるのではないかなって期待しています。

かば太の小学校は 休校が続いてましたが、このまま春休みに入ってしまうそうです。
かば子の中学校も 明日まで休校。23日に修了式だそうです。
ただ、我が家の子かば達、先週 兵庫県の祖父母宅に預けました。
(東京駅まで見送りに行き、子供だけで新幹線に乗って移動でした。)


余震も心配ですが、福島原発の放射線も心配ですね。
東京消防庁の方々・自衛隊の方々が被曝の危険のなか、
一生懸命 放水作業をしてくださり、その勇敢さに感謝しています。
一刻も早く 放射能の流出を止めてください。安全な状態になりますように。



被害が少ないこの地域ではありますが、みんな 一生懸命日々を暮らしています。
かばっぺも 頑張ります。

震災

おはようございます。

かばっぺ一家 大丈夫です。
市内全域が断水していて、水の大切さをしみじみ実感しています。

地震発生当時 かなりパニクリましたが、
小学校・中学校 それぞれ子供達を迎えに行き、
近くの小学校の体育館で避難していました。
当日夜には自宅に戻りました。

その後断続的に余震が続いています。

市内 あちこち道路が隆起し、電柱が倒れていたり・・・

早く水が元通りに使えるようになって欲しいです。

昨夜は近所で火災が起こり、火の粉が飛んできてたので慌てて避難しました。
火の元、注意です。

福島の方では もっと悲惨な状態のようで、
少しでも早い救助・復興を願っています。
一人でも多くの人が、救助されますように・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。