かばっぺの気ままなひとりごと

自由、気ままに、日々のことを書き連ねます!
2010年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年07月
ARCHIVE ≫ 2010年07月
      

≪ 前月 |  2010年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

親子みなと見学会

こんにちは、かばっぺです。

こちら茨城 鹿行地方、昨日・今日と少し涼しくて過ごしやすいです。
ただ、悲しいかな強風が吹き荒れてて、窓を開けていると 部屋の中に砂が入ってくるんです
フローリングの床が、ジャリジャリしてる~~


昨日 わが市主催の 「親子みなと見学会」に参加してきました
これ、小学生の親子を対象に行われたもので、鹿島港やその周りの産業について学ぼうって企画。

小4かば太を連れて バスに乗って出発

みなと

ここで鹿島港について・・・
 鹿島港は昭和44年に開港した、人工的に作られた港。
 20万DWT級の大型タンカーも入港する日本有数の港です。
 昔 あたり一面砂浜だったところを掘り、場所によって水深を変えて作られてるそうです。
 太平洋からT字型の形に掘り込まれてます。
 取り扱われる貨物品は、鉄鉱石・石炭・原油・とうもろこし などなどです。


最初に向かった先は、「南公共ふ頭」

みなと2
大きな船から、ベニヤ板やお米・鉄くずなどが 積み下ろしされてました

その敷地内には、風力発電の大きな備品(?)が置いてありました
みなと3 ← 風力発電の羽の部分 一枚30~40mほどの大きさ

みなと4←風力発電の中心部分(青シートがかかってますが)車より大きい


次に向かったのは、「昭和産業(株)鹿島工場
みなと5  みなと6
天ぷら粉やサラダ油・ホットケーキミック そして「お釜にポン」で有名な昭和産業

サラダ油がボトルにつめられてる様子 や 麦から小麦粉になっていく様子などを見学させて頂きました。
本当に 工場そのものをみることが出来、これぞ「ザ・工場見学」って感じ
見ていて ワクワク ボトルに油が注がれてる様子はブラボー
昭和産業さん、見学させていただきありがとうございました

で、昼食を兼ねた休憩をとり
次は 鹿島港見学船「ユーリカ号」に乗船

みなと7
ユーリカ号に乗り、鹿島港内を一周。
この時が降ってたけれど、船の窓から鹿島港の工場地帯をじっくりみれました。

先日乗った巡視船の時より、目線が低い状態で鹿島港を楽しめました これもまた良し!

最後に 「茨城県栽培漁業センター」へ
みなと8
茨城県では、ヒラメ・スズキ・アワビ・はまぐり この4種類の魚貝類を生み育て放流(?)しているのだとか。
農業のように、漁業でも安定した産業となれるように 研究を重ね 栽培漁業をされてるそうです。

みなと9   みなと10
 ↑ヒラメ ふ化50日目 全長2~3センチ      ↑ 親魚達が泳いでます

みなと11 ←ヒトデやナマコを触れるコーナーも

アワビは放流するまで3年間、ハマグリは2年間 ここでじっくり育てるのだとか。
気の長~~いお仕事です。
そうすることで、安定した収穫が出来るようになるため、必要不可欠な作業なんですねぇ!
大勢の方々の努力の賜物で、美味しい魚貝類が食卓に上がるのですね、勉強になりました

帰りに 昭和産業さんから嬉しいお土産も頂き、ありがたや~
みなと12

この日のバスのツアー、子供も親も いろいろ学ぶことができました!(ちょっと頭が偉くなったかな?!笑)




にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 ← ランキングに参加しました。ポチっとして下されば嬉しいです♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。