かばっぺの気ままなひとりごと

自由、気ままに、日々のことを書き連ねます!
2009年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2009年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年11月
ARCHIVE ≫ 2009年11月
      

≪ 前月 |  2009年11月  | 翌月 ≫

草津温泉 旅行記 その②

こんにちは、かばっぺです。
今日は、草津温泉二日目のお話!

翌日は、前日の疲れもすっかりとれ、清々しい朝を迎えました
温泉の醍醐味、何度もつかりたいじゃないですか!
早朝の露天風呂、楽しんできちゃいましたよ
お風呂のあとは、昨夜の湯畑までお散歩
草津温泉②1   草津温泉②2

朝食前にも関わらず温泉饅頭を食べたり、お土産を見たりして、楽しみました。
そこから少し歩いた所にある西の河原公園にも行って来ました。
草津温泉②3   草津温泉②4

湧き出た湯が川となり流れていて、所々 池となって「自然の温泉」のようになってるのです。
『鬼の茶釜』と呼ばれる溜め池(?)は高温で、手を浸すのもままならない程でした!

早朝散歩も済ませ、朝食バイキング(フレンチトーストが大人気でした)もタラフクいただき、
ホテルを出発し、次の目的地に向かいました
草津温泉②5


まずは、白根火山ロープウェイに乗って、火山口へと出発!
草津温泉②7

草津白根山は活火山で、
『湯釜』と呼ばれる大きな火山口と、噴火によって出来た「弓池」 が見られます。
草津温泉②8 
↑ 湯釜 エメラルドグリーンが神秘的

草津温泉②9 
↑ 明治火口 弓池の横にあります。

弓池から、徒歩で15分程かけて登ると、湯釜近くに到着します。
登るって行為が大好きなかば太、全速力で登っていきました
それに着いて行くのが、めちゃ大変でした 
湯釜に到着後、ハァ~ハァ~ 呼吸が乱れていたのは言うまでもありません
でもね、湯釜の景色を見たら、疲れなんか吹っ飛んじゃいました
こんな山の頂に、こんなに素晴らしい湖があるなんて、感動的でしたよ


次に向ったのは、最近なにかと話題の 八ツ場ダムへ!
草津温泉②10

八ツ場ダムに関する展示物がある「やんば館」へ入り、八ツ場ダム関連の歴史をお勉強
この工事がいかに壮大な年月と金額をかけ、どれほどの地元の方々の生活を犠牲にしてきたのか、少し理解できたように思います。
工事の継続・廃止は、自分としての意見は、どちらがよいのか分からなくなりました…
草津温泉②11
この素晴らしい紅葉の景色が、ダムの水の底へと、沈んでしまうのです
がしかし、地元の方々は、今この瞬間も、工事の騒音など 様々な問題に直面されながら、生活を続けておられます
ただ、願うことは、その地元の皆さんに、少しでも早く、静かな落ち着いた暮らしを戻してあげて欲しいなって、そう思いました。


と、少し話が逸れちゃいました
話を元に戻して、八ツ場ダムを後にして、次なる場所へ

草津温泉②12

上毛三山の一つ「榛名山」に到着。
このお山、とっても形が美しい キレ~~イな三角の形。
麓の榛名湖には手漕ぎボートが数多く見られ、のんびりとした景色を堪能できました。


いろんな景色を堪能したので、お腹も空きました。
この日の夕飯も、かばっぺ家族御用達「餃子の王将」
行く先々の王将に寄るのが、我が家流の楽しみ方
群馬県高崎市にある王将で、いとしの 天津飯 をいただきました
草津温泉②13

お腹も満たされ、急いで自宅に戻りましょうってことで、
かば男クン、運転頑張って かば子が助手席でお話し相手をしてくれました
かばっぺは後部座席で一眠り

急遽決まった旅行だったけど、たっぷり堪能できました。
楽しい思い出も沢山出来て、行けて、良かった良かった
かば男クンは、これから仕事頑張ってねぇ~~
(最後の最後、30分間だけ、かばっぺは運転を交代しました
 かば男も相当、お疲れだったようです… ご苦労様でした)


またまた、長文・乱文ですが、最後まで読んで下さり、ありがとうございました
読んでくれる方々がいて下さるので、張り切って、ブログが書けてます。感謝