かばっぺの気ままなひとりごと

自由、気ままに、日々のことを書き連ねます!
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 海外ドラマ・映画
CATEGORY ≫ 海外ドラマ・映画
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『かもめ食堂』いいね~♪

こんばんは、二度目登場 かばっぺです。

先月くらいに 深夜にTVで放送していた『かもめ食堂』を録画してたんですが、
やっと 時間があったので 見たんです

かもめ食堂 (2006年3月 映画公開)
かもめ

小林聡美・片桐はいり・もたいまさこが主演していて、原作は群ようこさん。
フィンランドのヘルシンキが舞台となっています

小林聡美 演じる サチエが、ヘルシンキで営んでいる食堂「かもめ食堂」での日々の出来事が描かれてます。

物語の中で 大きな変化がある訳じゃなく 
たんたんとした毎日の中で起こる事柄・人との出逢い。
異国の地でも 信じて 物事を進めていけば いつか必ず形になってくる・・・

フィンランドって それほど身近な存在ではないけれど、
そこはかとなく 心が温かくなってく お国柄。
なんだか行ってみたくなっちゃいました

サチエさん、お友達になりたいなぁ~~

そして、改めて おにぎりが食べたくなりました





にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村 ← ランキングに参加しました。ポチっとして下さればブログの励みになります♪
スポンサーサイト

カールじいさんの空飛ぶ家

こんにちは、かばっぺです。

今日は一気に暑くなりましたねぇ
プラス 湿気もあるし、自転車こいでて汗タラタラかいちゃいました
夏が近い!!


さてさて、先週日曜日、かば男クンは仕事・かば子は部活の試合応援 に出掛けてしまい、
小4かば太とお留守番してたんです

時間もあるし、何かDVDでも見ようかって話になって、
カールじいさんの空飛ぶ家』を見ようってことになったのです

カールじいさん


ディズニー映画の前作『ウォーリー』を見た時、あまり感動できなかったので、
今回はどうかしら・・・って半信半疑で見だしたのですが、

単刀直入に、『カールじいさん・・・』感動しました
胸にジ~~ンときました。


若かりし頃、カールとエリーが出会い、結婚し、年を重ね、
いつか「パラダイス」という場所に行こうね と願っていたエリーが亡くなってしまいます。

その後、カールじいさんは旅に出た・・・ っていうのがお話の始まり。

カールじいさんが旅に出て、道中 なりゆきで仲間が増え、
でも、カールじいさんが 最終的に仲間を大事にしていく その過程。

アバウトな説明しかできなくて(汗アセ)スミマセン
そのカールじいさんが、実に良い!!

さらに、映像も素晴らしい
アニメなのに、実写版を見ているかのような極め細やかさ

久しぶりに、アニメで感動しました
この映画のおかげで 気持ちよい日曜日を過ごせました 良かったヨカッタ

DVD三昧(笑)

こんにちは、かばっぺです。

昨日からなんだか寒の戻りで寒いですねぇ~~
春はまだかいなぁ~~~

さてさて、先週我が家に届いた薄型テレビ
画像が綺麗で、見るのが楽しい!!
ついつい嬉しくて、毎日のように、DVDで、画面を楽しんでいます

私の覚書として、観賞した映画を書き出して見ます


まずは、『硫黄島からの手紙
lettersflomiwojima.jpg

これは、私が最近気に入っている クリント・イーストウッド監督の作品
太平洋戦争下の 硫黄島で繰り広げられた 日本軍とアメリカ軍との戦いが描かれてます。
『硫黄島からの・・・』が日本軍側からの視点で描かれた作品で、
これに対して アメリカ軍側からの視点で描かれた 『父親たちの星条旗』というのがあります。
今回、やっと両方観ることが出来ました!

日本軍にもアメリカ軍にも、健康を気遣い、無事に帰還してくれることを願っている家族がいるんだね。
みんな同じなんだね。
どちらが強いとか弱いとか、それより大事なものがあるんだよね。そう思いました。

それから、嵐の二宮君、めちゃ演技が上手い!
CMで スーパーマリオのDSゲームをやってる あの二宮君と全く違うじゃん!
改めて、にの 見直しました

にしても やはり クリント・イーストウッド監督 奥が深い


2本目、『パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェスト
パイレーツ2

ジョニー・デップ主演の映画『パイレーツ・・・』の二作目(続編)
ジャック・スパロウ船長の冒険の物語
これは、シリーズ1作目を観てからずいぶん時間が経ってたので、最初あらすじを思い出すのが大変だったわぁ
シリーズものは続けて観るに限りますね~(笑)
近いうちに3作目を観ようと思います!
シリーズ4作目が製作されるそうなので、ちょっと楽しみ


そして、3本目 『ゲド戦記
ゲド

ひと足お先に春休みが始まった かば子と一緒に観賞
宮崎駿監督のご子息が監督だとか・・・(ジブリ作品なんですって!)

ウ~~ム 私には、難しかったかなぁ
話の流れがいまいちつかめなかった・・・
最後、ゲドって何者?? 頭の中がクエスチョンマーク一杯になっちゃいました。
でも、アニメーションは綺麗かった


その他にも、『クライマーズハイ』(映画ではなく 佐藤浩市主演のNHKドラマの方)も観たんです
図書館で借りてきました
次もいろいろ借りてこよう~~っと。

まだまだ、DVD観賞による引きこもりの日々は続くことでしょう(笑)

『ミリオンダラー・ベイビー』

こんばんは、かばっぺです。


今日は、図書館から借りてきたDVD『ミリオンダラー・ベイビー』についてのお話

ミリオンダラー

アカデミー賞4部門受賞といううたい文句にひかれ、何気なく借りてきたのですが、
クリント・イーストウッド監督・出演の作品だったんですね
(そう、先日鑑賞した『インビクタス』と同じ監督)


ジムトレーナーのフランキー役のクリント・イーストウッド
ボクシングに夢を見出そうとする女性マギー役のヒラリー・スワンク
フランキーと長い付き合いのあるエディ役で、この映画の語り担当のモーガン・フリーマン


映画前半は、ボクシングのサクセスストーリーになっていて、『ロッキー』を彷彿させるかのようでした。
かばっぺはボクシングやプロレスが苦手なので、試合での出血シーンはきつかったですが・・・

ただし、後半からクライマックスにかけては、一気に心奪われました

ボクシングを扱った映画ですが、映画の核心部分は全く違ったところにあり、
重い内容・結末になっていて、考えさせられるものでした。

見終わった後、頭がスッキリせず、いろんな方の映画レビューを読み、
そこで改めて、事の重大さを知ることが出来ました。
内容が深い、辛い・・・



マギーがリングに上がる際に身にまとうガウンに記された言葉「モ・クシュラ」
フランキーがマギーに送った言葉。
アイルランド・ゲール語で「おまえは私の親愛なる者、おまえは私の血」という意。

その言葉に泣けてきちゃいましたよぉ

クリント・イーストウッド監督の作品をもっと見たいと思いました。

映画の日

こんばんは、かばっぺです。

今日はひな祭りの日ですね
スーパーでは、散らし寿司や手巻き寿司関連の商品がたくさん売られてましたよぉ~!!
我が家のひな祭りもやりましたが、それはまた次回(笑)

さてさて、3月1日の映画の日に、
観たいと思っていた映画をおひとりさまで観に行ってきました

今回の映画は 「インビクタス 負けざる者たち
インビクタス

実話を映画化したもので、クリント・イーストウッド監督の作品です
南アフリカのネルソン・マンデラ大統領(モーガン・フリーマン)と
ラグビーの南アフリカ代表チームのキャプテン フランソワ・ピナール(マット・デイモン)との交流や、
敗北が続いていたチームが 人種を問わず応援してくれる自国の声援を受け、
試合に挑む姿が描かれてました。

実話なので、映画の重みを感じました。
南アフリカ共和国の 人種差別・貧困・経済貧窮など様々な問題を抱えている状態で、
その南アフリカでラグビー・ワールドカップの大会が行われることの意義

スポーツって大きな力を持ってるんだなぁ~って感じました

マット・デイモン、思っていたより体格がっしり 
ラガーマンという役柄にあわせて、鍛えたのでしょうか

モーガン・フリーマン、またより一層 渋みが増しましたねぇ~
マンデラ大統領にちょっと似てるかも・・・

クリント・イーストウッド監督の映画、奥が深い・・・

オンライン試写 「猿ロック」

こんばんは、かばっぺです。

昨日お勧めしたGyaOさんにて、オンライン試写の抽選がありまして、
猿ロック THE MOVIE」が見事当選しました
試写会って大都会でしかないでしょ!!
かばっぺの住む街から大都会に行くのはかなり大変でして、
ネットで試写出来る このシステムはとてもありがたいものですねぇ
猿ロック

そこで早速ネットで試写させてもらいました

少年漫画が原作で、深夜帯にドラマとしてやっていた 「猿ロック」
その映画館バージョンが完成したようです。

主人公のサル君役の 市原隼人クン
この映画で、途中からサル君と行動を共にする女性 まなみちゃん役の 比嘉愛未ちゃん

市原隼人くんの演技、今回初めてじっくりと見ました。(ごめんなさい、ルーキーズ見てないです
サル君の演技、上手いです!! 役になりきって、はまり役って感じでした。

比嘉愛未ちゃんは、フジ系「コード・ブルー」に出演されてるようですね
こちらもあまり見てませんが・・・


映画は、銀行強盗のシーンから始まります。
その銀行の裏口から警察が突入できるよう、鍵を開錠するために 鍵士サル君が呼ばれるんです。

そこから、内容が進展していくのですが、ここからは映画を見てのお楽しみってことで


最初、ほどほどの期待で見始めたのですが、けっこう楽しめました
所々 話の内容が??って所もあり、消化不良な部分もあるのですが、
サル君の純粋さ と 持ち前のおバカキャラの部分 とが うまく絡み合って、
且つ 話の展開も テンポ良く進み、カーチェイスもあったりで、
飽きることなく 最後まで見ることが出来ました

2月27日ロードショウです!
親子で行くのはもちろんのこと、子供同士で見に行っても 充分楽しめると思います!

大好きGyaO!

こんにちは、かばっぺです。

今日は一日とても寒かったですねぇ。
自転車のハンドルを握る手がとても冷たかったです

今日は、私のお気に入りの一つを紹介!!
海外ドラマや映画を見るのが好きなのですが、
その大好きなモノ達を 好きな時間に 無料で楽しめるサイト  
それが GyaO なんですねぇ~~

  詳しくはこちら

YAHOOのホームページから入れるようになっていますし、
YAHOOと提携しているので、安心して見れるんですよ

最近はまっているのは、ER緊急救命室シリーズ7なのです。
これ、シーズン1から続けてGyaOさんで見てます
始めの頃には、あの ジョージ・クルーニ も出演していて、かっこよかったんですよねぇ

医療関係のドラマなので、難しい医療用語も出てきますが、
アメリカの様々な問題も取り上げられていて、奥の深い作りとなっています。

今やっているシリーズ7では、アビーちゃんがとてもカワイイのです

GyaOを見始めたら、あれもこれも見たくなっちゃいます
冬の寒い日に、お家でホッコリしながら、ご覧になってみてはいかがでしょうか?
(GyaOに見入ってしまい夜更かししてしまっても、かばっぺ、責任は負いかねますが…笑)

映画『なくもんか』

こんにちは、かばっぺです。

今日は、茨城に来て以来、初めて映画を見に行ってきました
お友達と一緒に車で走ること30分
これでも一番近い映画館に行ってきたんですよ!(映画館が遠いです…


なくもんか』 主演:阿部サダヲ 脚本:宮藤官九朗 主題歌:いきものがかり

なくもんか

近頃、自分自身、「笑い」が足りていないと感じていて、映画で大笑いしたいなと思ったんです。
狙い通り、大笑いしてきましたよ

阿部さんと宮藤さんのコンビははずれがないですねぇ~~
あちらこちらに笑いが仕込まれていて、常に目が離せない状態です
ちょい役で、随所に有名な俳優陣が出演しているし、
会話のやり取りも、リズムよく交わされるし、
竹内結子の幅広い演技に驚きました(竹内さんの「蹴り」が見ものでした)

阿部さんはホントに演技派の俳優さんですねぇ。
「舞妓HANNN!」でも、大笑いさせてもらいましたし、今後の映画もぜひみたいと思います


久しぶりに、お友達と出掛け、たくさんお喋りもできたし、楽しい時間を過ごせました

豆しば & 『スタンド・バイ・ミー』

こんばんは、かばっぺです。

子かば達が、学校の授業で 書初めの練習をするので、書初め用の筆が要るとのこと
かば子を連れ立って、筆を買いに行ってきました!
その時、一緒に買ってきたのがシャープペンの芯。
その芯に とっても可愛らしいオマケが付いてたんです

まめしば 002   まめしば 004

巷で人気沸騰中の 『豆しば
「ねぇ、知ってる~~?」から始まるフレーズが、耳に焼き付いて離れませんよねぇ~~♪
この豆しばストラップ、カワイイでしょう 全8種類あるようです。
只今、親子三人、これの取り合いなんですよ
「私の!!」「僕の!!」
果たして、誰が勝者となるのでしょうか…


話し変わって、図書館で借りてきたDVDを観ました
『スタンド・バイ・ミー』
名曲としての「スタンド・バイ・ミー」はよく耳にするのですが、映画はまだ見たことなかったんです
名作映画のランキングでは必ず上位にランキングするこの映画。

四人の少年が、冒険に出掛ける物語でしたが、
なにかほろ苦い、子供時代を、ふと思い出し、何だかほんわかしました。
子供ながらに心に苦しみを持っていても、お互いを助け合い、傷を癒せる、
そんな男のかっこいい友情が、悔しいけど、いいなぁって思いました。

それにしても、リバー・フェニックス。子役なんだけど、超ーカッコイイ
悪ぶってるけど、顔に聡明感漂ってる! 演技が上手い!!

若かりし日の「24」のジャック・バウワー(キファー・サザランド)が出ていたけど、???
リバーフェニックスが素晴らしすぎて、キファーが…

映画の最後に、登場人物が、子供の頃を回想そうしているシーンで、
「12さいの頃のような友達はもう作れない…」 って感じのニュアンスの文章を書いてるんだけど、
純粋に、友情を築けて、純粋に、何でも言い合える、
そんな友情は、大人になってからは確かにむずかしいよなーって
一抹の寂しさを感じてしまいました

子供時代よ、カムバーック

GayOオンライン試写

こんにちは、かばっぺです。

今日も昨日に引き続き映画の話題です。
昨夜GayOさんのオンライン試写会に当選しました!!(1万人の当選者の中の一人ですが

11月にl公開予定の『天使の恋』
カリスマモデルとして最近有名な佐々木希さんと、
映画「ハンサム☆スーツ」での演技が話題となった谷原章介さん このお二人が主演です。

天使の恋

携帯小説が原作らしく、内容は若い方に向いてる感じがしました。
おばさんのかばっぺには…

確かに、佐々木希さんは、と~っても可愛らしく、一つ一つの表情が「超カワイイ~~
(おばさん、頑張ってこの言葉使ってみました

最近の若い方の様子を垣間見ることが出来る映画じゃないかしら
ただし、いじめ、援助交際、自殺、レイプなど、ちょっと軽く使われすぎてるようで、
少し心配になりましたが。
映画なので、これも「あり」なのでしょうか…

私が、もっと若ければ感動したかもしれませんね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。